News

  
  
  ●2018年2月8日(木)・9日(金)  第22回「震災対策技術展」横浜に
   『ほぼ紙トイレ』が出展しました。
     

  ●2018年1月24日(水)・25日(木) 日本ショッピングセンター全国大会
   『 SCビジネスフェア2018 』に『ほぼ紙トイレ』が出展しました。

  
  ●『ほぼ紙トイレ』専用HP開設
   http://hobokami.com/
   

  ●2017年10月31日(火)『ほぼ紙トイレ』が文化放送で放送されました!!
   番組名:『くにまるジャパン極』の『デイリー「ホッと」トピックス』のコーナー


  ●9月29日、WBS番組内『トレンドたまご』で『ほぼ紙トイレ』放映されました。
   http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/trend_tamago/post_141466/

   

  

  ●熱中症対策にはもちろん、携帯型クーラーが必要な方必見!
    モバイルクーラー 「ZERO HEAT」(ゼロヒート) 発売中!          
     https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000024313.html

    ご購入、お問い合わせは 03-3532-3121 株式会社カワハラ技研まで。​
    『 ZERO HEAT (ゼロヒート)』の件とお伝えください。担当者が対応させていただきます。


  ●「組立式災害用トイレ」試作品第1号 完成!
   


  ●DECOPODのPVが出来ました。
   

廃棄物収容容器「デコポッド/DECOPOD」シリーズ
“廃棄物の処理と保管に新しい安心・安全伝説が生まれる”
固形物はもちろん、汚泥、汚水などの液状のものも漏れることなく収容、また、有害廃棄物、ウイルス汚染物、
動物死骸、放射性廃棄物など収容物に応じたデコポッドシリーズ全7種。
独自の形状と最新の溶接技術によって高い密閉性を実現、長寿命のステンレスを使用した
大容量収容容器です。


デコポッド+PCウォール
コンクリート施設同様の遮蔽性を提供するPCウォール。
高線量瓦礫などの収容を想定し、集積したデコポッドに密着してカバーリングするPCウォール
(厚さ250mm)を装備することにより、最終処分場や中間貯蔵施設における安全レベルを保ちます。
装備や取り外しの作業も容易で施設建設にかかるタイムとコストを大幅に圧縮。
もちろん、大災害時にはより安全性の高い場所への移動も可能という、まさに理想的な高線量
廃棄物保管ソリューションといえます。

DCⅦ立坑埋設システム
増え続ける有害廃棄物の安全性を確保しつつ、より多くの有害廃棄物を効率よく移動及び保管することを
同時に実現するために、収容容器・保管方法・保管施設の3要素をシステム化しました。
それが『DCⅦ立坑埋設システム』です。
収容容器には、デコポッド/DECOPODシリーズの1つであるDepod「DCⅦ」を活用しています。



冷却装置「ゼロヒート/ZEROHEAT」  
“体温冷却はドライの時代へ” 
空気循環冷却を実現したドライ型体温冷却器。様々な防護・保護服に装着可能な薄型コンパクトサイズ。
ゼロヒートは、空気循環冷却方式により服内を除湿することで快適なドライ環境を維持し、
体温冷却します。
夏期はもちろん、様々な過酷環境下のヒートストレスによる作業力低下、体力低下を防止し、
熱中症対策に最適な製品です。


防護服
ヒートストレス防止の冷却システムを装備した防護服。
危険因子に応じた最先端の複合素材を使用した防護服を現在、研究・開発中です。





エネルギー変換素子
“シールド&デバイス 地球課題解決の主役へ ”
エックス線、ガンマ線、中性子線、電子線、紫外線など様々な光領域を制御する遮蔽素材。
代替エネルギー、放射線除染、環境汚染、電磁波・UV対策など、地球課題解決の主役を担う新素材です。