DCⅦ立坑埋設システム

 ドラム缶封入から積載・運搬、仮置き、立坑施設収容まで自動化・遠隔化可能。
 作業スタッフと作業環境の高い安全性を提供します。
 輸送積載効率、及び保管収容効率が高く、有害物質の飛散・拡散防止、非常時の一時保管施設への対応します。

 


      ■作業手順
         例えば、現在も続いている福島県内の除染事業に本システムを活用する場合

                  • 1.焼却灰をドラム缶に投入します。


                  • 2.ドラム缶を「DCⅦ」に収納します。


                  • 3.ドラム缶を収容した「DCⅦ」を集積します。


                  •  4.「DCⅦ」を専用トラックに積載します。


                  •  5.「DCⅦ」を仮置き場に集積します。


                  • 6.「DCⅦ」を仮置き場から輸送して、一時保管場所として
                  •   DCⅦ立坑埋設場収容します。