特性について

 ・無機酸化化合物としては高い放射線遮蔽率を測定。 
 ・数種の無機物の酸化化合物のため 資源制約が少なく、低環境負荷のエコ素材。
 ・独自の結晶技術の最適化により、加水分解せず、熱などによる劣化も少なく長寿命。
 ・粉体、ジェル、液体、固体など製品形態も多彩。また、樹脂、金属、ガラスなどとの親和性も高く、様々な物質との複合化・ハイブリット化や自由形状加工が可能。
 ・高比重の金属系物質の機能を有し、かつ比重3.61という軽量化を実現。
 ・紫外線~可視光線~赤外線など広範囲の領域で励起を確認。
 ・次世代の高効率ディバイスとして期待。

性能について

 ・加工自由度の高い軽量素材として驚異の95%というX線遮蔽率を測定。
 ・無機化合物としては高いガンマ線約62%の遮蔽率を測定。
 ・200~900nmの領域(紫外線~赤外線)、放射線領域など広範囲の光領域で励起を確認。次世代の高効率ディバイスとして応用可能。
 ・生体に影響のある高速中性子線49%、全中性子線83%という遮蔽率を測定。
 ・電子線では96%の遮蔽率を測定。


SOMAを活用した4つの事業領域

 現在、製品化に向けた検証のため、各事業領域において研究開発を進めています。

[ 主なアプリケ― ション製品 ]

・テラヘルツデバイス
・テラヘルツ波分光器
・テラヘルツ波イメージング義置
・フェムトレーザー
・ボディスキャナー
・テラヘルツ発生装置
・テラヘルツ測定装置
・その他
※SOMAをテラヘルツ変換素子として活用

[ 主なアプリケ― ション製品 ]

・無機ELディスプレイ
・BIPV(建材一体型太陽電池)
・野外大型ディスプレイ
・EL照明
・高効率ソーラーパネル
・薄膜太陽電池
・モバイル端末用ソーラーバッテリー
・その他
※SOMAを上記の主要材である光変換素子として活用

[ 主なアプリケ― ション製品 ]

・UVファンデデーション
・UVミネラル化粧品
・日焼け止め
・UVヘアケア製品
・UVコンタクトレンズ
・UVウェア・グッズ
・UV汎用ガラス
・UV車載用ガラス
・その他
※SOMAを紫外線散乱・吸収剤として活用

[ 主なアプリケ― ション製品 ]

・放射線遮蔽材
・放射線除去剤
・放射線遮蔽シート
・放射線防護服
・放射性廃棄物容器

放射線遮蔽について

 X線95%、ガンマ線(セシウム)約62%、全中性子線83%、電子線96%という放射線遮蔽率を測定

 SOMAは、軽量かつ加工性に富み、環境負荷が少なく、他の素材との複合化やハイブリット化が可能な素材です。
 日本でもトップレベルの測定機関で、高い放射線遮蔽率が測定されました。
 放射線遮蔽材のリアル・マテリアルとして高い威力を発揮します。

 ・X線遮蔽率:高輝度光科学研究センター(SPring-8)で50keVを照射した測定結果 。
 ・検体厚さ3mm。
 ・測定者/産業利用推進室:大渕博士

 ・ガンマ線遮蔽率:兵庫県立大学高度産業科学技術研究所(ニュースバル)で1.7MeVを照射した 測定結果。
 ・検体厚さ24mm。 想定値を計算し662KeVセシウムに換算。
 ・測定者/宮本教授

 ・高速中性子線及び全中性子線の遮蔽率:住重試験検査(株)でサイクロトロンによって18MeVを照射した測定結果 。
 ・検体厚さ20mm。

 ・電子線遮蔽率:大阪府立大学放射線研究センターで8MeVを照射した測定結果 。
 ・検体厚さ3mm。
 ・測定者/谷口教授

 ・紫外線遮蔽率:日立協和エンジニアリング(株)で照射した測定結果 。


 ※ 測定箇所や使用条件などにより遮蔽率は変動する可能性がありますので、測定機関、測定者がこの結果を保証するものではありません。